所有という幻想から抜けると

「私が」というこだわりがなくなる=「私」が消える=あらゆる所有を放棄すると、ひっくり返ってすべてが自分になる。

所有を放棄するとは、有形無形に関わらず「自分」を含むあらゆる流動を流動のままに見ること。あらゆる面において「ここからここまで」という線をひかないということ。つまり境界を超える(境界が消える)こと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です