メンターという働き

私は、アイデアやヴィジョンが形になる前の「エッセンス」に深く関わることが多い。それらを生み出す人と、目に見えないところで関わることになると言えばいいのだろうか。しかし、それらを現実的に形にする作業やプロセスには関わることが少ないので、自分の働きを端的に言葉にするのは難しい。

実際に関わりのある人に尋ねてみたところ、「助言者、配線工、ガイド、支援者」とやはり私は精神的・内的なところで深く関わる働きをしているようだ。

何かいい言葉はないかなと思っていたら「メンター」という言葉が浮かんだ。これが今のところ最も近いかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です