望みすら必要のないレイヤー

数ヶ月前なら「こうなったらいいな」などとさらに先を思い描いただろう展開について、今ではすっかり「そんなことはどうでもいいし、それは他の人がやれば(得れば)いい」と思っている自分がいる。

そう気づくたびに、望みはいつでも形ある結果ではなく、動きや流れそのものだと実感する。

たった数ヶ月で望みがまったく違っている。望みのレイヤーが異なるので、現実的には望み(思い)そのものがない。この変わり様は無責任で軽々しいけれど、それぐらいの速度でいるのがいい。

「思い」がないと軽くて速い。そして、そこで成すべきこと成されるべきこと(起きるべきこと)のみがさっさと進む。時には瞬間的に終わることもある。

究極的に言えば、素直に運ばれてその場に存在するだけで完了する。

本当の「仕事」とはそういうものかもしれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です